シンガポールでティンダーを使ってみた結果・・・

こんばんは。アラフィフおやじです。

今週前半にシンガポールでベトナム人彼女と会ってきました。この話はまた別の機会で記事にします。

今回はティンダーをシンガポールで試してみましたのでそのレポートをします。

ティンダー(Tinder)について

ティンダーについてはアラフィフおやじが使い始めてすぐにロシア人とメイク・ラブができるなど、外国人との出会いに抜群の破壊力を持つ出会い系アプリです。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

シンガポールでのマッチング

アラフィフおやじはティンダーを無料プランで利用していますので、マッチするロケーションは現在地がベースとなります。

恐らく現在地情報が一日遅れで更新されると思われますので、シンガポールの女の子とマッチし始めたのは2日目からでした。

彼女の手前、ティンダーをいじることもできず、帰国日まで放置していたのですが、ふとティンダーを開いてみると、アラフィフおやじのことをいいねしてくれた女の子が7人!と表示されています。

こちらも無料プランだと誰がいいねをしてくれたか分からないので、とりあえず普通に画面に表示される子をスワイプしていきます。

結果、4人とマッチ。表示されていた7人が本当かどうかはわかりませんが、当たらずとも遠からずというところでしょうか。

マッチングした女の子はどんな子

結論から言うと、素人の子はいませんでした。

キャバクラ嬢が3名、セクシーモデルが1名です。

会話するだけでも楽しいので、4人中2人の女の子とLINEで繋がりました。

特にセクシーモデルの子は美人の上に非常にサービスが良く、自分のセクシーな写真を頼みもしないのに送ってくれます。

ラッキーですが、目的がよく分からないのがちょっと不安です。もう少し、やり取りを続けてみようと思います。

旅行時のティンダーの攻略法

素人かどうかはおいておいて、東南アジアで日本人のマッチング率が高いというのはどうやら本当のようです。

ただし、短期間の旅行だとマッチングし始めるまで1日かかるので少し時間が足りません。

ティンダーは有料プランに入れば、自分のロケーションを自由に設定することができますので、1ヶ月プラン(¥2,200)に入り、旅行先をロケーション設定することにより、旅行前にあらかじめ女の子と仲良くなっておくのが良いと思います。

アラフィフおやじは5月にタイに行く予定ですので、来月になったら1ヶ月の有料プランに入り、実験してみようと思います。

では、今日はこの辺で。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です