シンガポールの風俗事情

各国の風俗事情の第2回目はシンガポールを取り上げます。

シンガポールも風俗が盛んな国の一つですね。

アラフィフおやじは今一番シンガポールがお気に入りです。なぜならシンガポールで知り合ったベトナム人の彼女と現在進行系中だからです(笑)

はじめに

シンガポールにも実に様々な風俗があります。

女の子は近隣の国からの出稼ぎの子がほとんどですので、色々な国の女の子を楽しめるのも特徴です。

シンガポールの主な風俗は下記に分類できます。

  1. 置屋
  2. KTV
  3. 援交バー
  4. マッサージ
  5. 立ちん坊

以下、ひとつづつ見ていきましょう。

置屋

シンガポールの置屋と言えば政府公認のゲイランが有名です。

ゲイランの置屋は店ごとに女の子の国籍が決まっているのが特徴です。

場所 ゲイラン
女の子の人種 ベトナム人、タイ人、中国人など
女の子の質 ★★★★
料金 SG$50〜
時間 30分〜
コストパフォーマンス ★★★★★

シンガポールの風俗では一番コストパフォーマンスに優れています。政府公認ですので、性病の検査等もされており、安全に遊ぶことが可能です。

KTV

シンガポールにもKTVはあります。オーチャードやサマセットのカッページプラザなどに集中しています。

場所 オーチャード、サマセット
女の子の人種 タイ人、フィリピン人、ベトナム人など
女の子の質 ★★★★★
料金 SG$700位〜
時間 交渉次第
コストパフォーマンス

可愛い子が非常に多く、お触りも自由なので楽しいですが、コストパフォーマンスは悪いです。

KGVで遊ぶだけでもSG$400〜500位かかる上に、お持ち帰りをするとプラスでSG$300くらい必要です。

援交バー

シンガポールの風俗でアラフィフおやじが一番好きな風俗です。恋愛感覚で遊べるのが魅力です。

今の彼女ともバーで知り合いました。

場所 オーチャード
女の子の人種 ベトナム人、インドネシア人、タイ人など
女の子の質 ★★★★★
料金 SG$200〜
時間 交渉次第
コストパフォーマンス ★★★

バーはオーチャードのイパネマとブルックスが有名です。

昔はインドネシアとかタイの子が結構いましたが、今はほとんどベトナムの子です。可愛い子が多いので、色々な子と話をして、気に入った子を持ち帰ることが可能です。

バーは10時頃から盛り上がりますが、アラフィフおやじは9時頃に行き、気に入った子をロングでお持ち帰りするようにしています。

早い時間のほうが擦れていない子が多い気がします??

マッサージ

シンガポールのマッサージは通常のマッサージとエロマッサージの区別が非常に分かりづらいです。

通常のマッサージだと思っていてもスペシャルオファーがあったり、エロマッサージだと思ったお店が普通のマッサージだったり…

シンガポールでは、マッサージは普通のマッサージを受けたいときのみに利用するのが良いと思います。

ちなみに女の子はほぼ中国系です。

立ちん坊

立ちん坊は未経験です。

ゲイランやオーチャードで見かけたことはありますが、置屋やバーで楽しむ方が無難だと思います。

では、本日はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です