バンコク最強の援交バー テーメーカフェの攻略法

シンガポール、香港の援交バーに続きバンコク最強の援交バーであるテーメーカフェについてまとめます。

テーメーカフェは日本人客が多いためか、日本語のできる女の子も多く日本人にとっては最も遊びやすいバーだと思います。

テーメーカフェについて

テーメーカフェ(Thermae、テルメカフェ)はBTSのアソーク駅とナナ駅の間に位置してます。

カフェの上はルアムチット・プラザというホテルです。

テーメーカフェはイパネマのように生バンドの演奏があるわけでもなく、完全なる援交バーで普通の客はまずいません。

営業時間は20時〜2時頃までです。

テーメーカフェのシステム

テーメーカフェの中に入ると、バーカウンターでワンドリンク(100バーツ、353円位)を注文する必要があります。

中央に円形のテーブルが有り、サイドと奥にはテーブル席があります。

女の子たちは、壁際やテーブルの周りに立っています。特に何を飲むわけではなく、声を掛けられるのを待っています。

中には女の子から声を掛けてくる場合もありますが、基本的には待ちの子が多いです。

男性客は日本人が多く、中国人と韓国人が少々という感じでしょうか。

気に入った子がいれば、声を掛け交渉開始です。

他の援交バーのように会話を楽しむというよりは、最低限の会話の後、即交渉というパターンが多いです。

相場はショートで2,000〜2,500バーツ(7,000〜9,000円くらい)、ロングで4,000〜5,000バーツ(14,000円〜18,000円)くらいです。

シンガポールのイパネマや香港の援交バーと比べると安いです。

テーメーカフェの女の子

カフェにいる女の子はすべてタイ人です。

地方から出稼ぎに来ている子や、週末だけアルバイトで小遣い稼ぎに来ている子、また遅い時間には他の風俗で働いている子がいたりします。

年齢層は20代前半〜30代半ばまでの子が中心です。

基本的に可愛い子が多いです。ゴーゴーバーと比べると擦れていない子が多い気がします。

アラフィフおやじはテーメーカフェで一度アイドル以上のルックスの子をお持ち帰りすることができたので、非常に好印象を持っています。

日本人が多いせいか、日本語ができる女の子が多いのが特徴です。ただ、日本語ができる子はベテランが多いのも事実です。

アラフィフおやじは、プレイの最中に変な日本語を言われるのが嫌なので、日本語ができず、英語がそこそこできる子をいつも選んでいます。

テーメーカフェの攻略法

テーメーカフェは他の援交バーとかなり様子が違いますので、慣れないと少し戸惑うかもしれません。

多くの男性客がドリンクを片手に店内の女の子を物色している様子は、最初は異様に感じるかもしれません。

また、女の子からはあまり積極的に声を掛けてきませんので、こちらから声掛けをする必要があります。店内も他の援交バーと比べると明るいので、慣れないとちょっと恥ずかしいですね。

さて、肝心の攻略法ですが、まず軽く店内を一周し気になる子をチェックします。その上で、一番気になるこのところに戻り、交渉開始です。

もたもたしていると他の客に取られてしまいますので行動あるのみです。

アラフィフおやじ経験上、左奥のトイレへの階段の付近にいい子がいる確率が高い気がします(単なる偶然かもしれませんが…)。

注意点

テーメーカフェの入口に立ちん坊がいますが、レディボーイが多いので選ばないほうが無難です。

また、タイには禁酒日というものがあり、その日は営業していませんので、バンコクに行く際にはあらかじめ調べておく必要があります。

最後に、女の子は基本的にフリーランスですので、全て自己責任になります。

以上をわきまえておけば、比較的リーズナブルな価格で可愛い女の子と楽しむことができます。

エンジョイ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です