ベトナム人彼女とのこと

ゴールデンウィークを利用してシンガポールまでベトナム人彼女に会いに行ってきました。

今回は、4月の中旬頃に大喧嘩をし、LINEまでブロックされてしまったので、正直もう会えないと思っていました。

シンガポール行きのフライトとホテルはキャンセル不可のものを予約していましたので、最悪イパネマで女の子を調達しようと考えてた矢先に、Whatsappに電話が入りました。

その時は何も言わずに切られたのですが、その後メッセージが入りほそぼそですが会話を再開することができました。

最初はほとんどアラフィフおやじに対する非難でしたが、徐々に様子が変わり、最終的には予定通り会いたい、ということになり、LINEのブロックも解除してもらいました。

実際会ってからは今まで以上に感情をストレートに表現してくれるようになり、非常に可愛く、改めて惚れ直しました。

もともと喧嘩の原因が彼女が感情をストレートに出さないタイプのため、ミスコミュニケーションが発生し、アラフィフおやじが暴言を吐いたためでした。

それにより彼女をかなり傷つけてしまった自覚があったので、彼女の変化は非常に嬉しく思いました。

遠距離で、既婚者と独身の関係で、お互い自国の言語でない英語でコミュニケーションを取るというのは本当に難しいと思いました。

しかし、この経験を通してお互いの絆はより深まったと思います。

彼女は来月にはベトナムに帰国するので、シンガポールで会うのは今回が最後だと思います。

すでに次回のベトナムでの再会のためのフライトとホテルはおさえました。

ベトナムは男女の関係に対して厳しいと聞きますが、彼女曰く大丈夫とのこと。実際どうなのか確認をして報告したいと思います。

今回はほとんどおのろけになってしまいましたね。すみません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です